イライラコントロールについて

自分ひとりでは気づきにくい気持ちの感じ方や思考のクセに気づいていただくことで、これからできることが必ず、見つかります。

イライラコントロールで注目するのは、感じ方や思考のクセですが、問題視しているのではありません。イライラを感じること、イライラを感じている自分に「いいも悪いもありません」問題となるのは、多くの場合、イライラを感じた後の行動です。イライラを感じても、その後に適切な行動をとることができるようになる。そのために、感じ方や考え方のクセに気づくこと。それが、イライラコントロールの核となります。

イライラをコントロールできるようになる講座はこちら

基礎講座

イライラを感じることは悪い事でしょうか?答えはNOです。学校では教えてくれない、私たちが「イライラする仕組み」と「今の自分の傾向」を知って、おだやかな毎日を送るために、今日からできる事を見つけていきます。

実践講座

基礎講座・通信講座で身に着けた知識を日常で活かせるように、自分の価値観と向き合っていただきます。共通のワークに取組み、フィードバックを受ける中で、自分への気づき・他人への気づきを共有しながら、自己理解を深めていきます。イライラしても大丈夫!イライラすることも、イライラされることも怖くない!そんな自己肯定感を底上げしていきます。

通信講座

イライラコントロールは、自分の傾向を知ることから。動画とメールで学べる自習型講座。毎日届くチャレンジメールを見ながら、イライラの陰にかくれているマイナスな感情や価値観を浮き彫りにしていきます。書き出すことで、イライラを観察するポイントが身につくので、イライラをためずに小出しにする練習ができます。

イライラコントロールをできるようになったお客様の声

40代女性、「基礎講座」受講

講座を受ける前は、自分がイライラしている自覚はありましたが、何にイラついているのか?実は、よく分かっていなかったことがよく分かりました。「こんなに分かっていなかったんだ」と凹みそうになりましたが、「今、気づけてよかったですね」と言われて、安心しました。イライラをテーマにしているのに、楽しく学ぶことができ、あっという間の時間でした。

10代女性、「実践講座」モニター受講

グループワークで、他の人の話を聞いて、「自分は、イラっとする沸点が低い。怒りにくいんだ。」という事に気づいて、驚きました。他の人からは、「大人だね」と言われたりしましたが、自分としては、我慢していたかもしれないと思うので、納得して怒らないのか?それとも、本当は怒りたいのか?意識を向けてみようと思います。もっと、怒っていることをうまく伝えられる人になりたいです。

50代女性、「通信講座」受講

まさにチャレンジでした。

私の中に、こんなに家族へのイライラがあったことに気づいて、圧倒されそうになりました。それでも、イライラ日記を書き続けているうちに、不思議と動揺しなくなりました。「はいはい、そうきましたか」そんな風に、私自身を客観的に観察できるようになったのが、よかった。勤務先の子ども達の中にも、イライラしている子がいるので、観察してみたい。自分は、本当によくやったと思う。

イライラコントロールのタイプを知りましょう

お子さんの口ぐせでわかるあなたのストレスタイプ診断

あなたのお子さんはこんな口ぐせありませんか?  「ママっていっつもそうだよね」 「前にも言ったよね」 「別に…」  って言われたら  イライラってしてきませんか?  イライラって感じる口ぐせが出ちゃう時って  お子さんの近くにいる誰かがストレスを感じているんです。お子さんはあなたを映すだからママやパパのことが大好きだから長所や短所、ストレスさえも映してくれるんですよ~♪  そこで2分でできる『ストレスタイプ診断』をご用意しました

自分の強みを知って叱り上手になるタイプ診断

叱り方上手になるというと、自分に足りないところに目が行きがちです。 ところが、誰でもかけている部分はあるもの。欠けている部分にばかり着目していると、セルフイメージは下がりやすいです。 この診断では、8つの簡単な質問に答えていただくだけで、自分の強みの活かし方が導き出されます。

イライラコントロールを"無料"で学んでみませんか?

3ステップでわかるイライラコントロールのコツ

3ステップでできる「イライラコントロールのコツ」を早わかりしていただいて、 ◎何となくほっとする◎明日も元気に仕事や学校に行けそう◎なんだ、そういう事だったんだと、思っていただきたいと考えてご用意しました。

お知らせ


更新日:

Copyright© 更年期のイライラがスッキリ!今からできるイライラコントロール , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.